お金をかけない読書の仕方3選

私は今まで全然読書というものをせず、過ごしてきました。

その負の遺産が、この文章力のなさなのですが。。

第一子が生まれ、少し落ち着いてきたあたりから読書を始めました。

だいたい2週間に1冊くらいのペースで無理ない程度に。

だいたい英語教育、育児、お金についての本です。

物語系は読みません。

インスタにてフォローしている方がおすすめしている本を

かたっぱしから読んでいくスタイルです。

私は本を本屋で買いません。

なぜなら高いからです。。

読みたい本を全部本屋で手に入れたらものすごくお金がかかります。

そこで私の本の入手の方法をご紹介します。

図書館でタダで読む

まず図書館。タダです。

自分の住んでいる地区の図書館で取り扱っているか

ネットで検索をして調べます。

ヒットしたらこっちのモンです。

人気のものは順番予約をして、待っている間に違う本を読みます。

デメリットとしては最新のものがなかったり、取り扱っていなかったりすることですね。

Kindle版でタダで読む

Amazonプライム会員だとKindle版が無料に読めたりします。

物によってはKindle unlimitedで読み放題対象だったりします。

月額980円で200万冊以上の本が読み放題!

最初の1ヶ月は無料で試せるそうです。

メルカリで安く買って、綺麗に読んで、売る

メルカリ、かなり便利です。

わたしは産休に入るまでメルカリを使ったことがありませんでした。

知らない人に個人情報がバレるんでしょ?

なんとなく怖い。使い方がわからない。

使い始めたら、まあなんて楽しいツールなんでしょうとハマってしまいました。

有名な本、新しい本はかなりの確率で売りに出されています。

そしてみんなだいたい綺麗。

届いたら折り目をつけず、綺麗に読んで、出品。

だいたい本はみんな同じような値段で売られていて、高く値をつけても売れません。

手数料や送料がかかるので実質タダとまではいきませんが、

うまくいけば実質何十円くらいの負担で読むことができます。

図書館にもない、Kindle無料版にもない場合はメルカリで買っています。

本屋で本を買うとき

私は冒頭で本屋では本を買わないと書きましたが、

実際特例で買うことがあります。

それは駐車料金を浮かせたいとき。

どういうことかというと、車で商業施設に買い物に行った時、

お買い物〇〇円以上で〇〇時間まで駐車料金無料ってありますよね。

そのお買い物金額が少なくて駐車料金がかかってしまいそうなとき、

本屋で本を買います。

だいたい商業施設には1店舗くらい本屋があります。

そこで店頭でおすすめされている本、前から読んでみたかったけど

タダでは読めそうではなかった本を買います。

そして後日、綺麗に読んだあとメルカリで売るのです。

駐車料金は払わなくて済み、本を安く読むことができる。

一石二鳥でおすすめです。

以上お金をかけない読書の方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました