コロナ禍での入院、出産体験談 ~9日間の入院予定が7日間に!?~

出産

この記事では、コロナ禍での入院、出産の様子、体験談をお話していきます。

今回は歩行ができてから退院までのお話です。

コロナの影響で退院日が突然変更になりました。

それ以前、以降のお話は

退院日が変更に!

無事、歩行ができてからは助産師さんも経産婦ということで

基本放置型に・・笑

いいんです!

むしろ部屋に人も来なくて済むし、私と赤ちゃんだけの空間。

伸び伸びできてよかったです。

昼間も夜間も赤ちゃんと同室になりました。

もう早く帰宅したくて帰宅したくて。

もうほぼ赤ちゃんと二人きり、家と一緒!

あと何日間なのな、あと何回寝たら退院日なのか

何時間かおきに考えてました。

入院6日目(分娩日から5日目)の朝、助産師さんが朝の挨拶にしました。

そこで衝撃の一言。

「明日退院だから、退院診察がこれからありますよ〜」

・・・え!?

今日も入れてあと3日間かと思っていたのに!

めちゃくちゃびっくりサプライズでした。

経産婦ということと、

コロナ対策であまり長く入院させたくないからという理由でした。

退院診察は母子ともに特に問題もなく。

その日はもうルンルンでした。

今日を乗り切ったら帰宅できる!!

急な退院だったので退院の付き添いは母に頼みました。

待ちにまった退院日

次の日、母はついに孫と初対面。

とっても喜んでいました〜

帰宅して、昼ごはんはコンビニ弁当を食す。

私が出産した病院は総合病院、

豪華で映えるおいしいご飯が食べれる産科病院ではなかったので

ずっと健康的な、味気ない病院食でした。

久々に食べるジャンキーな味。

母乳には良くないのかもしれないけど、うまい笑

こんな感じで無事退院できました。

上の子との初対面

夕方、娘が保育園から帰宅し、私と久々の再開、

さらには弟と初対面。

まず、私を見るなり「ママ~~~!!」と感動の声を上げていました。

「帰ってきたの~~!?ママ~~~!!」とハグ。

私は頑張った娘に泣けてきて、娘は泣いてないのに

私は号泣笑

そのあとすぐ赤ちゃんが目に入ったのか、

「赤ちゃん~~~!!!」

「か~~わいい~~~」とずーーーーーっとハグ。なでなで。

その繰り返しをしていました。

これから四人の生活が始まるのかーと

不安、心配もありましたが、ワクワクしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました